門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

“世界恐慌”の元凶になりつつある日本

2011.12.28

いよいよ年の瀬だ。東京も慌ただしさを増している。私もそんな中、連日、忘年会が続いている。日頃から徹夜が日常化しているので、忘年会といっても“その日”に終わることはほとんどない。いつも午前様になってしまう。身体に悪いと思いながら、長い間、ずっとそんな「師走」が繰り返されている。

この年末、今年1年を振り返る報道番組が毎日のように放映されている。東日本大震災に襲われた今年、そのことが番組の中心となるのは当然だろう。菅内閣のヒドさは、このブログでも書いてきたので、改めて書くまでのことはないが、それを見ながら、私は「日本は一体どこまで彼らに壊されるのだろうか」と溜息が出た。

民主党が批判政党としての能力しかないことは、以前から承知していたが、国民もこれらの番組を見ながら「ここまでひどいのか」という思いに捉われているに違いない。

先日、閣議決定された2012年度予算案の一般会計「90兆3339億円」についても、ただ溜息が出るだけである。 新規国債(いわゆる赤字国債)発行額は44兆2440億円。しかし、税収は42兆円しかなく、3年連続で「国の借金」が税収を上回る異常事態なのだそうだ。

私たちの家計で「42万円」の収入しかないのに支出が「90万円」、そして不足分を「44万円」もの借金をして生活していくとしたら、その家庭はどうなるだろうか。

5年前まで、当時の小泉首相が「30兆円以上の新たな借金(新規の国債発行)は許さない」と吼(ほ)え、この額を攻防線として激しい戦いをおこなっていたことが遠い昔のようにさえ感じる。

今では、その時の「1・5倍」もの赤字国債を発行しても恬(てん)として恥じない政権に国民は自分たちの生活を委ねているのである。

今年1年を振り返る報道番組は、さまざまなことを私たちに問いかけてくれている。イタリアの国債が暴落して大変な世界的経済不安が生じたのは、実はまったく他人事でないことを自覚しなければならない。

子どもや孫の代にツケをまわし続ける日本がついに“世界恐慌”の元凶になりつつあることをテレビに大映しの野田首相の顔を見ながら、私は考えざるを得なかった。

カテゴリ: 政治, 経済