門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

カネだけのためなのか? 失望の日本プロ野球選手会

2012.07.20

おいおい、ホントか? と多くの野球ファンが耳を疑ったに違いない。本日、記者会見で来年のWBCへの不参加を表明した「日本プロ野球選手会」に対してである。

「今の不公平な条件のままでは、日本プロ野球の発展のために次回WBCは出られないということで一致した」。選手会の会長である阪神の新井貴浩がそう表明したと聞いて、私は失望を禁じ得なかった。

理由が、第1回大会からいまだに燻(くすぶ)りつづけるWBCの収益金の分配比率の問題だと聞いて、その思いはますます強くなった。

いつから、君たちはそれほどカネの亡者になったんだ? あれだけの年棒を得ていながら、君たちは、まだそれほどカネが欲しいのか? 多くの野球ファンは、そう思っているだろう。

私は、たとえ、一銭の収入にならなくても、君たちには日の丸を背負って、永久不滅の3連覇に挑戦する軍団であって欲しかったと思う。

そもそも、ベースボールはアメリカ発祥のスポーツだ。しかし、明治時代に日本に上陸したこのスポーツは、日本で独自の発展を遂げた。その間、「アメリカに追いつけ追い越せ」というのが日本の野球人の悲願だった。

多くの先人たちの苦労の末、日本の野球は本場アメリカも驚くほどのレベルに達した。そして、メジャー中心の理不尽なシステムの中、それでも日本は実力でWBC2連覇を成し遂げたのだ。

カネばかりで動くメジャーに対して、それは実に痛快極まりない出来事だった。その意味で、今度目指すべきWBC3連覇には、多くの先人や、野球ファンたちの思いがかかっている。それを今日、君たちは自ら“放棄”してしまったのである。

そもそも、人気・実力とも世界一を自認するメジャーにとっては、WBCは「やらずともいい大会」である。言って見れば、メジャーにとっては、“勝って当たり前、負ければ非難轟々”というのがWBCなのだ。

しかし、思いっきり彼らが儲かるシステムをつくって、“同じ土俵”に彼らを引っ張り出し、そしてガチンコ勝負を挑んだのが日本だったはずである。

その立場を2連覇したからといって、もう忘れ、メジャーと同じように、カネの問題を持ち出して、不参加を表明したのである。それは、早くも“挑戦者”の立場を忘れた君たちの驕り以外のなにものでもない。

会長たる新井君。君は、駒澤大学の出身だ。ひたむきに学生野球に全精力を傾け、東都501勝という金字塔を打ち立てた元駒澤大学監督の太田誠氏の弟子である。そんな君が、たかだか「おカネ」ぐらいのことで、その栄光の3連覇に背を向けるのか。

ヤンキース時代の松井秀喜がWBC不参加を表明して人気が一気に凋落し、その直後に大けがによってシーズンを棒に振ったことは今も記憶に新しい。一方、イチローは、日の丸を背負ったプレッシャーで胃に穴をあけながらも最後まで踏ん張り、日本にWBCの連覇をもたらす決定打を放った。

そこには、日の丸を背負うことに対する「誇り」と「夢」と「名誉」があったのではないかと思う。その価値を見いだせない君たちに、私はどうしても失望する。

まだ遅くはない。野球ファンを裏切るこの決定を早々に覆し、「私たちは一銭の収入にならなくても、日本の名誉のためにWBC3連覇に挑戦します」と表明し直すことだ。

その時、得られるものは、おカネなどというレベルのものではない、もっともっと大きな「何か」であるはずだ。目を覚ませ、プロ野球選手会。そして、不滅のWBC3連覇を勝ち取って、今日の隆盛を築いた先人たちの思いに報いて欲しい。

カテゴリ: 野球

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ