門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

大詰めを迎えた2012年の野球界

2012.10.26

注目の2012年ドラフト会議は、これまでにない順当な結果となった。いつも大きな波乱があるものだが、注目のビッグ・スリー、亜細亜大学の東浜巨はソフトバンク、大阪桐蔭の藤浪晋太郎が阪神、昨年の巨人の指名を外れた菅野智之は無事に巨人へと、それぞれ意中の球団に指名された。

昨年、「巨人以外は拒否」と表明していた菅野を強行指名した日本ハムが、メジャー志望を表明している花巻東の大谷翔平を今年も強行指名した。仮に、大谷の入団を果たせなければ、日本ハムの担当者の責任は免れないだろう。

本人の意思を無視する形で信念を発揮するのはいいが、それが2年連続失敗すれば、事前の勝算をどう見ていたのか、ビジネスマンとしての資質に問われる。

私が最も期待するのは、阪神が指名した藤浪晋太郎投手だ。甲子園でも何度もインタビューさせてもらったが、私はこれほどの実力を持ったピッチャーは甲子園でもほとんど記憶にない。

甲子園で「格」が違う実力を見せつけたのが藤浪だ。ストレートの速さはもちろんだが、フォークの落差やスライダーのキレは、すでにしてプロのエース級の力を持っている。あとは、プロの打者の“読み”をどう外し、どう駆け引きをおこなうか、という投球術だけである。

早い時期に私は、藤浪が一軍のマウンドを踏んでくると予想する。江夏豊が大阪学院高校から入ったルーキーの年にリーグトップの225奪三振という獅子奮迅の働きをしたことを彷彿させるような活躍も夢ではないだろう。

少しだけ心配なのは、地元大阪の人気球団に入ったことのデメリットぐらいである。藤浪ほどの注目の選手になれば、お座敷がかかるのは当然だろう。女性ファンの“肉迫”も相当なものに違いない。そんな環境の激変で、素質を発揮できないまま、平凡な選手になってしまった例は、挙げればキリがない。

その轍を踏まないよう藤浪投手には、くれぐれも気を引き締めて欲しいと思う。ありがたい熱狂的な阪神ファンの存在が、逆に藤浪の成長を阻害する要因にならないよう祈るだけだ。

ソフトバンクに入った東浜も同様だ。東浜には、「球が軽い」という致命的な欠陥がある。プロの打者にバットに合わされれば、そのままスタンドまで運ばれる東浜のボールが、どう通用していくのか、私は注目したい。

高校時代、巨人のラブコールを蹴って亜細亜大学入りした東浜が、プロでその真価を発揮できるかどうかは、大学球界の存在意義を問うものでもある。アマチュア球界が特に固唾を呑んで「東浜がプロのエースに駆け上がれるかどうか」を注目している。

明日から日本シリーズが始まり、今年の野球シーズンもいよいよ大詰めを迎えることになる。今年も多くのドラマを見せてくれた野球界。締切で忙しく、なかなか日本シリーズに熱中できないのは残念だが、「日本一」をかけた熾烈な攻防を楽しんでみたい。

カテゴリ: 野球

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ