門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

工夫や研究を怠る日本のスポーツ指導者たち

2013.01.30

体罰問題が、ついにナショナルチームにも波及した。昨年のロンドン五輪の女子柔道に出場したトップ選手を含む15人が、強化合宿などで園田隆二監督(39)やコーチによって、暴力やパワハラを受けていたと告発したのである。

もっとも彼女たちが文書で告発していたのは、昨年末のこと。これが今になって明らかになったのは、桜宮高校の体罰事件が社会問題化したのを受けてのことだろう。

それにしても、日本代表クラスになっても、暴力を振るわれながら“指導”を受けていた事実は、日本のスポーツ界の実態をよく表している。

言うまでもなく、技量、精神力ともに際立った人間でなければ、ナショナルチームの一員にはなれない。厳しい精進を積んだ者だけにしか、その地位は与えられない。しかし、それでも選手たちは指導者たちの「暴力」を受けなければならないのである。

報道によれば、平手や竹刀での殴打、暴言、さらには、ケガをしている選手に対して試合出場を強要するなどの行為があったという。長く精進をつづけてきた選手たちが「告発」という手段をとらなければならないほど「思い詰めていたこと」が事態の重さを示している。

そして、同時に判明したのは、園田監督との間に少なくとも“信頼関係”がなくなっていたという事実である。完全に指導者失格である。

しかし、それでも園田監督の処分は、文書による「戒告」だそうだ。大甘の処分というほかない。告発を受けても事態を隠蔽していた全柔連には、「自らを律する」ということがないのである。

昨年、自殺した桜宮高校のバスケット部主将は、「今日もいっぱい殴られた。三十発か四十発……」という言葉を残して、自らの命を絶った。これは、暴力によってしか指導ができない体罰顧問に対する痛烈な抗議の死だったと言える。

その望み通り、当事者たちは最大の打撃を受けた。私は、長く日本のスポーツ界でつづいてきた「暴力で選手を鍛えていく手法」がいかに時代遅れのものであるか、なぜ気がつかないのか、と歯がゆくてならない。

この軍隊式の訓練法は、精神面を鍛えるために有効とされ、日本のスポーツ界では、「あたりまえ」の指導だった。園田監督自身も、そういう中で育ち、自分も指導者になった時、それに陥った。

スポーツの世界は、技術とパワーだけでなく、気迫、精神力、粘り、根性……といったものが勝敗を分ける要素となる。野球で言えば、“球際の強さ”だ。これを身につけさせるために、指導者らは、選手たちを追い込み、鉄拳を振るうのである。

そして、日本のスポーツ界では、それが選手への愛情があれば「許される」という甘えによって温存されてきた。しかし、無抵抗な選手たちを殴ることによってしか“土壇場で発揮する力”を身につけさせられないとしたら、そんなレベルの指導者は、さっさとその世界から去る方がいい。

そんな指導者は、技術的にも日進月歩の発展を遂げている世界のスポーツの中で、後れをとっていることは明らかだからだ。

工夫や研究を怠り、驕りによって旧態依然の方法にしがみつく指導者たちを一掃し、ほかの方法で選手を高い次元に引き上げようと悪戦苦闘する指導者を、選手たちは待ち望んでいる。私たちは、選手たちと共に悩み、歩んでいこうとする、そういう指導者を応援していきたい。

カテゴリ: スポーツ

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ