門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

苦戦を呼び込んだ「侍ジャパン」の山本采配

2013.03.08

WBC2次ラウンドで、侍ジャパンは台湾に延長の末、4対3で辛勝した。終盤に見せた侍ジャパンの粘りは見事というほかない。

特に9回二死2対3という追い詰められた場面で執念の同点タイムリーを放った井端は見事だった。しかし、山本監督の采配には首を傾げざるを得ないシーンが度々あった。

最も大きかったのは、3回裏である。それは、ベンチの“レベル”を余すところなく教えてくれるものだった。ストライクの入らない先発・能見を「見極めることができない」という致命的なレベルである。

この回、ヒット、四球、死球で満塁とされた能見が、“まぐれ”でしかストライクが入らない最悪の状態に「陥っている」ことはテレビ画面からも伝わってきた。だが、そのことが山本監督や東尾投手総合コーチには「わからない」のである。

幸いに台湾の4番・林智勝がノー・ツーから強振してくれて一邪飛。ここで打ちに出てくれなければ、この回、日本は大量失点していただろう。

しかし、なおもストライクが入らない能見は、次の5番・周思斉に四球を与えて押し出しの1点を献上した。ナショナルゲームではなかなか見ることができない押し出しという恥ずかしい「1点」だった。

「ストライクが入らないのに、交代しない」というのは、ピッチャーのせいではない。野球では、そういう状態になることが珍しいことではないからだ。特に緊張状態が異常に高まる国際試合ではよく見られる。

だが、その状態を見極められないベンチの力不足が試合を極めて「苦しい」ものにしたのである。貧打の侍ジャパンに台湾の先発・王建民から「1点」を取るのは荷が重かったが、それにしても山本監督の采配には疑問符が残った。

しかし、台湾も8回表に致命的な采配ミスを犯した。井端、内川の渋いヒットがつづいた無死1、3塁で、台湾ベンチがメジャーでも活躍した快速球左腕の郭泓志を交代させたのである。

郭は台湾で「4人目」のメジャーリーガーだ。最速158キロの速球とスライダーを駆使してロサンジェルス・ドジャースで活躍した。侍ジャパンは4番阿部、5番糸井という左打者がつづく場面だっただけに、こちらも首を傾げる采配だった。

案の定、代わった右ピッチャーの王鏡銘から阿部がタイムリーを放ち、坂本もショートの内野安打でこの回2点を挙げ、同点となった。しかし、その裏、好投をつづけたリリーフの田中将大が台湾打線につかまり、再びリードを許す。前述の通り、そこで井端の執念のヒットが出なければ、日本は敗れ去っていたのである。

延長10回の末、4対3で台湾を破ったものの、最後の牧田から杉内への投手リレーと言い、侍ジャパンの采配レベルについては、首を傾げることの連続だった。

緊迫の国際ゲームでは、ベンチの采配は決定的な意味を持つ。1点を凌ぎ、1点を奪い取る真剣勝負を勝ち抜く“采配力”は、少なくとも侍ジャパンにはない。今後の試合でまず改めなければならないのは、山本監督の采配にほかならない。

カテゴリ: 野球

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ