門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

「日本」と「台湾」の切っても切れない縁

2015.01.31

いま台北にいる。明日(日付が変わったので本日)は、台中を経由して霧社(現在の南投県仁愛郷)に行く。1930(昭和5)年に「霧社事件」が起こった地である。事件から85年という気の遠くなるような歳月が経過したが、この地で2月1日に桜の植樹祭がおこなわれるため、私は、それに出席するためにはるばるやって来た。

霧社事件といえば、映画『セデック・バレ』でご存じの方もいるだろう。原住民のセデック族の頭目モーナ・ルダオが日本の支配に反発して蜂起し、激しい戦いの末に敗れ去った。

蜂起は、霧社の小学校の運動会の時におこなわれ、およそ140人もの日本人が殺害された。日本人が首を狩られる壮絶なシーンは、映画『セデック・バレ』を観た方には、強烈な印象が残っているに違いない。それだけに、私は恩讐を越えて、この植樹祭にこぎつけた方々に心からの敬意を表したい。

日清戦争で1895(明治28)年に日本が清朝から割譲を受けた台湾は、その後、激動の現代史を生きてきた。50年間にわたる日本の統治と、日本の敗戦による、その後の外省人による国民党統治の時代である。

戦後の台湾は、戒厳令下で自由に物を言うこともできなかった国民党時代と、1987年の「戒厳令」解除以後の李登輝時代、そして、その後の国民党と民進党との激しい闘いの時期に分けられる。

昨年の“ひまわり運動”で国民党政府を譲歩させた学生たちの立法院占拠事件は、7か月後の統一地方選の民進党圧勝の土台となった。来年に迫った総統選も、おそらく民進党が勝利するのではないか、と予想されている。

なぜ、香港の学生運動が敗れ、台湾では勝利したのか。そこには、中国と台湾の人権意識と言論の自由をめぐる、はかり知れない「差」が存在する。台湾の本省人たちが日本に好意を寄せる一方で、中国を毛嫌いする理由も、「人権」と「自由」に起因していることは疑いない。

今晩は、台北に在住する日本の新聞やテレビの支局長、ジャーナリスト、ビジネスマン、女性教師……等々といった多彩な方々が歓迎会を催してくれた。また、故司馬遼太郎に“老台北(ラオタイペイ)”と呼ばれた蔡焜燦先生も病を押して、わざわざ顔を見せてくれた。

ベストセラー『台湾人と日本精神』の著者である蔡先生は、この1月、満88歳になられた。台湾のなかでも、真の意味での「親日派(ご本人の言によれば“愛日派”)」といえるだろう。「最近、台湾には日本を懐かしんでやまない“懐日派”も出て来ていますよ」と、蔡先生の日本への変わらぬ厚情を聞かせてもらった。

中国が台湾の動向に神経を尖らせるのも、いつまで経っても、台湾のなかで親日派が圧倒的な数を誇っているからである。来年の総統選で民進党政権が発足すれば、親日勢力がさらに力を増し、ここのところ進んでいた「中台接近」へのブレーキもかかるだろう。

それを阻止するためには、中国は総統選で、なんとしても国民党に勝利してもらわなければならないのである。今、経済力で台湾をがんじがらめにしている中国は、国民党を支援するために、今後1年、露骨な経済攻勢をかけてくるに違いない。

台湾は、日本列島から沖縄、台湾、フィリピン、インドネシア……という中国が定めた「第一列島線」のど真ん中に位置する。逆にいえば、私たち日本人にとって、台湾は安全保障上も、極めて重要な位置にあり、いわば日本の生命線ともいえる“国家”なのである。

折しも、日本では、映画『KANO』が封切られている。台湾の嘉義農林が霧社事件翌年の1931(昭和6)年に夏の甲子園で準優勝を遂げる実話を描いた映画だ。

台湾人、原住民、そして日本人の「3者」で構成された同校野球部が、憧れの甲子園で準優勝を遂げるまで勝ち続けたのは、奇跡というほかない。そして、それが霧社事件の翌年であったことに、「歴史」と「運命」の不思議さを感じざるを得ない。

台湾の人々の日本への熱い思いに感謝し、日本人も台湾の「現状」と「今後」に、いま以上に関心を持たなければならないと思う。そして、彼らが必死で守ろうとしている「自由」と「民主主義」のために、できるだけの協力をしていきたいと思う。

だからこそ、2月1日に開かれる霧社での日本と台湾の原住民との恩讐を越えたイベントの意義は大きい。私も、日本と台湾の“永遠の友好”に思いを馳せながら、心してこのイベントに参加したい。

カテゴリ: 台湾

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ