門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

「ラグビーワールドカップ」が日本に教えてくれたもの

2019.11.03

南アフリカがイングランドを32対12で下して優勝。ラグビーワールドカップは40日あまりの激闘に幕を下ろした。さまざまなことを教えてくれた日々だった。

悲願の決勝トーナメント進出を果たしたジャパンの夢を打ち砕いた南アフリカがそのまま頂点に駆け上がった。その強さの秘密は、決勝の前半32分からイングランドが攻めに攻めた“あと30センチ”の数分間の攻防にすべて現われていた。

フォワードとバックスが一体となって猛然と襲い掛かるイングランドを何度も跳ね返し、ついにトライを許さなかった強靭な肉体と精神力。それは間違いなく「世界一」にふさわしいものだった。

私にとっては、1次リーグ初戦でいきなり「優勝候補同士の対戦」となったニュージーランド戦が印象的だった。調子がつかめないまま前半で3対17とリードされた南アフリカは後半、一時は4点差まで詰め寄った。しかし、前半の劣勢が響いて、結局、13対23で敗れた。

最悪の黒星スタートを切った南アフリカ。しかし、彼らはここから蘇った。崖っ淵に立って「俺たちにもう敗北は許されない」と、徹底して弱点を研究・克服していくのである。

力に任せるあまりFWのオフサイドが目立つチームが、オフサイドラインを守る我慢のプレーに徹し、一方でSHデクラークがオフサイドぎりぎりの“攻撃的防御”で相手を攪乱していった。

なにより「格下」相手にも“チャレンジャー”として気迫と闘志を前面に押し出した。もともと優勝候補の南アフリカ。これが挑戦者として闘いを挑んできた時、その強さは尋常なものではなくなっていた。世界中を驚かせた“ジャパン旋風”も、蘇った南アフリカには通用しなかった。

ラグビーとは、いうまでもなく戦術、技術、パワー、スタミナ、そしてモチベーションが「勝敗を分ける」スポーツだ。ものすごい勢いとスピードで突進してくる巨漢をタックルで倒す際の衝撃を想像して欲しい。

ひとつ間違えれば「首」や「肩」の骨が折れるかもしれないタックルは、恐ろしいほどの気迫と闘志がなければできるものではない。少々大袈裟にいえば「たとえ死んでも構わない」という気迫と闘志がなければ「相手の突進を止めること」などできないのである。

では、その気迫と闘志はどこから生まれるものだろうか。ヒントを与えてくれるのは、南アフリカ初の黒人主将、シヤ・コリシ選手の決勝戦後のインタビューだ。彼はこう語った。

「私たちの国には多くの問題がある。だからチームが力を一つにしたこの勝利には大きな意味があるのです」

私はその言葉を聞いた時、試合前にコリシ主将をはじめ、選手たちが叫ぶように国歌を歌った場面を思い出した。

貧困に喘ぎながら育ったこの主将は、12年前にワールドカップで南アフリカが優勝を果たした際の思い出を「私はあの優勝が国に何をもたらしたかを覚えています。あの時ほど国が一つになった瞬間を私は見たことがない」と語っている。

もし、選手たちが「自分のため」だけにプレーしていたら、あれほどの闘いはできなかっただろうと思う。彼らの気迫と闘志は、まさに「国を一つにするために」であっただろうし、「祖国の名誉のため」でもあったのだろう。だからこそ、あの数々の決死のプレーが「生まれた」のである。

その意味で、ジャパンの闘志はどこの国にも負けていなかった。ジャパンの選手たちは日本中の応援をバックにどの試合でも“魂のタックル”を続けた。ひたむきに、凄まじい闘志で、文字通り、“命をかけて”敵にぶつかっていった。

国民はその姿に感動した。われを忘れてジャパンの健闘に拍手を送ったのだ。南アフリカのコリシ主将が語った「これほど国が一つになった瞬間を私は見たことがない」という、その思いを味あわせてもらったのだ。

激しくぶつかり合いながら、ノーサイドの瞬間から相手を讃え、ねぎらうラグビー独特の文化。そして、あの大男たちが、ジャッジを下した審判に不平があっても文句も言わなければ、大袈裟なジェスチャーも決してしない。

“ラグビーは紳士のスポーツ”と呼ばれる所以がそこにある。その根源を世界最高の舞台で私たちは見させてもらったのである。心から全選手にお礼を言いたいと思う。

最後に、苦言も一つ。台風で試合そのものがなくなってしまった1次リーグの「3試合」についてだ。これで試合ができないまま「1次リーグ敗退」が決まった36歳のイタリアのセルジョ・パリッセ主将はこう語った。

「もしニュージーランドが我々との試合で勝ち点4か5を取らなければならない状況だったら、中止にはならなかっただろう。こんな決定はおかしい。日本に台風が来るのは珍しくないのだから、(中止ではなく)プランBを用意していないのはおかしいではないか」

たしかに9月から10月にかけては、日本は台風のシーズンだ。それなのに、日本ともあろうものが、なぜプランBを用意して「私たちに戦いの場をつくってくれなかったのだ?」 というパリッセ主将の言葉は重い。

イタリアでは“伝説のナンバー8”として、パリッセ選手は英雄だ。そのヒーローが口にした言葉に、イタリア国民は「そのとおり!」と叫んだのである。

大会が始まった以上は、不測の事態が生じて試合が中止になった場合は、両チームにポイント2を与えるルールを守らなければならない。

だが、そう決める前に日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は、やるべきことがあったのではないだろうか。アイルランドのダブリンに本拠を構えるワールドラグビー (WR)は、もちろん日本の台風のことなど知らない。

しかし、台風銀座の日本で大会をおこなう以上、JRFUはWRに日本のこの特殊な事情は伝えなければならない。それは、雨や雪が降っても試合をするラグビーでも台風の時は「できない」ということと、同時に「台風一過」という言葉があるように、台風でプレー不能になるのはほぼ「1日」だけであり、それが過ぎれば台風がすべての前線を引き連れて通過していくため、翌日は「からりと晴れあがる」ということだ。

すなわち中止は「1日」か「2日」だけで、翌日か翌々日には試合が可能であり、1次リーグでも決勝リーグと同じく「2日」の延期は認めさせておくべきだった、ということである。

日本のファンの中には、「今大会のルールに各国がハンコを捺して参加しているのだから文句は言うな」という反応が多かった。だが、“おもてなしの国・日本”だからこそ、アスリートファーストを貫き、1次リーグで「2日以内の延期」という“プランB”をつくっておき、WRを事前に「説得しておくべきではなかったか」と思う。次回、日本でおこなわれる国際大会への大きな教訓にしていただきたい。

かくして感動のラグビーワールドカップは終了した。世界が日本の観客たちのマナーに感動し、最高の評価をしてくれた。ジャパンに対しても、外国メディアは「日本は勇敢で機知に富み、創造性に溢れたプレーでこのスポーツに光を灯した」とまで絶賛してくれた

気迫、闘志、研鑽、工夫、切磋琢磨……日本人が忘れかけていたものを思い出させてくれたジャパンの面々と共に、ラグビーというスポーツ自体に、心からの感謝を捧げたい。

カテゴリ: ラグビー

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ