門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com

  • 最新情報
  • プロフィール
  • 著作リスト
  • 講演のご依頼
  • ブログ
(C) KADOTA RYUSHO. ALL RIGHTS RESERVED.
BLOG | KADOTARYUSHO.COM

ブログ

「国家のあり方」と映画『海難1890』の感動

2015.12.05

本日、封切りになった映画『海難1890』を観に行った。朝8時40分からの、まさに最初の回である。朝早くて、さすがに「TOHOシネマズ新宿」もまだ、人影は少なかった。

これほど早く観に行ったのには、わけがある。私自身が先週、トルコ軍艦「エルトゥールル号」の悲劇と迷走する「邦人救出」問題を真っ正面から扱ったノンフィクション『日本、遥かなり』(PHP)を上梓したからだ。

拙著は、この映画の中で描かれている「イラン・イラク戦争(1985年)」だけでなく、「湾岸戦争(1990年)」、「イエメン内戦(1994年)」、「リビア動乱(2011年)」など、日本という国家から見捨てられる海外在住の邦人の「救出問題」を取り上げている。

しかし、2部構成の中の第1部で、およそ200ページを費やしてエルトゥールル号遭難事件とテヘランからの邦人脱出問題を描かせてもらっているため、映画がこの部分をどう表現しているのか、「一刻も早く知りたかった」のである。

映画は脚色されているので、拙著のようなノンフィクションとは全く異なっている。しかし、非常に見応えがある映画だった。

日本とトルコの「人」と「人」、「真心」と「真心」、助け合うということの意味、さらには、国境を越えた無償の友情の大切さ……等々、多くのことを教えてくれる力作だった。何度も目頭が熱くなるシーンがあり、さすが日本―トルコの合作映画だと思った。

私は、映画が描いた1890年に起こったエルトゥールル号の和歌山・紀伊大島沖での台風による遭難事故の部分が特に興味深かった。

見ず知らずの“異国”の人々を救出する紀伊大島・樫野(かしの)地区の村民の必死の姿が、観客の心を見事に震わせたと思う。映画と実際の「史実」を比較するのは野暮というものだろう。むしろ私は、そこで描かれている“人としての姿”に心を打たれたのである。

実際の史実がどんなものであったかは、ノンフィクションである拙著を見て欲しいが、私は、この映画が「伝えようとしたもの」について、大いに共感したのだ。

映画の中で、テヘラン在住の女性日本人教師を演じる忽那汐里(くつな・しおり=二役=)が「どうして、日本が日本人を助けられないんですか!」と叫ぶシーンがある。まさに映画の“核心”である。

国家が自国民の命を救う─それはどこの国でも当たり前のことであり、国家の重要な責務のひとつである。しかし、日本は違う。

現在に至るまで、日本は、海外に住む邦人たちをさまざまな場面で見捨て続けてきた。「イラン・イラク戦争」しかり、「湾岸戦争」しかり、「イエメン内戦」しかり、「リビア動乱」しかり、である。

幸いにイラン・イラク戦争では、トルコ航空によって邦人は救出されるが、私は、これら見捨てられ続けてきた多くの邦人に直接インタビューし、その実態を知った。「国際貢献」の最前線で、あるいは、ビジネスのために、世界の隅々で活動している邦人は、いざとなったら、日本という国から「救出の手」を差しのべてもらうことは「できない」のである。

それは、自国民の命を助けるという“究極の自衛”が、「自衛隊の海外派兵につながる」、あるいは、「海外での武力行使への口実にされる」などという信じられない「主張」をおこなう政治勢力やジャーナリズムによって、「悪」とされているからである。

彼ら“内なる敵”に対して、譲歩や配慮をおこない続けてきた日本では、最も大切な「自国民の命」が蔑(ないがし)ろにされてきたのだ。

自国民が海外で「窮地」に陥り、「救出」を待っていても、その救出を他国に委ねる国――それが日本なのである。それでも「よし」とする倒錯した考えや観念論を未だに持ち続ける人々は、自分の家族が同じように海外で窮地に陥っても「果たして同じことが言えるのだろうか」と、私は思う。

自衛隊法など、さまざまな改正を重ねながら、そして今年、紆余曲折の末に成立した種々の安全保障関連法でも、「邦人救出」には、さまざまな手枷・足枷(てかせ・あしかせ)がついているのが実情だ。

当該国が「秩序を維持」しており、当該国の「同意」があり、さらには当該国の関係当局との「連携」等の条件が満たされなければ、邦人救出に向かえず、さらに輸送についても「安全の確保」が絶対条件とされているため、ほかの先進主要国のように、あらゆる手段を通じて「自国民の救出」をおこなうことが日本は事実上、できないのである。

『海難1890』を観ながら、“究極の自衛”である「邦人救出」の意味を、多くの日本人に考えて欲しいと思った。私は今日、国家の「あり方」と、人としての「真心」について考えさせてくれる力作の映画に、久々に出会うことができた。

カテゴリ: 映画

「震災から2年」に思う

2013.03.11

今日であの大震災から「2年」となった。亡くなられた方々の三回忌である。あれから長い長い月日が経ったような気もするし、一方で、あっという間だった気もする。

昨年11月、私も原発事故に命をかけて立ち向かった人々の姿を描いた『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP)を上梓することができ、ジャーナリストとしてあの未曾有の悲劇に遭遇した人々の毅然とした生きざまを少しはお伝えできたかもしれないと思っている。

それにしても、2周年に向けて、ここのところテレビ・新聞等で震災の検証が数多くおこなわれたので、時間の許すかぎり、それらを読み、そして観させてもらった。

フジテレビ放映の土曜プレミアム『突入!福島原発に挑んだ男たち』(9日放送)では、拙著『死の淵を見た男』に登場する人々が多数取り上げられ、震災時の苦難の大きさをあらためて思い起こすことができた。

今日は、現在公開されている同じフジテレビが製作した映画『遺体―明日への十日間』について少し書かせていただこうと思う。

この映画は、廃校になっていた岩手県釜石市の中学校の体育館に運び込まれるご遺体をめぐるドラマを描いたものだ。

原作は、ノンフィクション作家、石井光太氏の『遺体―震災、津波の果てに』(新潮社)である。震災発生直後に現地に入った石井氏のこの力作をもとに、『踊る大捜査線』『誰も守ってくれない』などの作品で知られる君塚良一氏の脚本・監督によって映画化された。

私は、この映画には以前から大いに注目していた。石井氏の原作が素晴らしいものだったことはもちろんだが、撮影を担当した栢野直樹さんが私の大学時代のゼミの先輩であったからだ。

栢野さんと私は、中央大学法学部の多田実ゼミの先輩と後輩だ。栢野さんが私の1年先輩にあたる。学生時代からすでにプロのカメラマンとして活動をおこなっていた栢野さんは、私たち1年後輩から見ると実に眩しい存在だった。

写真のことなどまるで知らない私に、最初にカメラのイロハを教えてくれたのは、栢野さんだった。ずっとプロの道を歩んだ栢野さんは、その後、『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞撮影賞を受賞し、その後も『シコふんじゃった』『それでもボクはやってない』『誰も守ってくれない』などの多くの話題作で撮影を担当した。

その栢野さんから「是非、『遺体』を観て欲しい」という連絡をもらっていたのである。石井氏による素晴らしい原作があり、メガフォンをとるのが君塚監督で、さらには、撮影が栢野さんとあっては、観ないわけにはいかない。

封切りがこれほど待ち遠しかった映画はない。このスタッフなら、絶対にあの悲劇を余すところなく後世に伝えてくれる作品にしてくれただろう、と思ったのである。

そして、やはり映画は予想通りのものだった。いや、私の予想を遥かに超えていた。津波で亡くなられた人々の人生と、それに打ちのめされ、茫然とする人々、そして、その人たちをいたわり、涙する人々の姿が淡々と描写されていた。

津波による圧倒的な“泥”と“水”、そしてご遺体の惨状を、それでもきちんと映像で表現し、さらに尊厳をもってご遺体に接し、悼む人々の姿は、涙なしでは観ることができなかった。淡々とした中で、主役の西田敏行さんの熱のこもった演技が、余計涙を誘った。

あれほどの嗚咽(おえつ)に包まれた映画館を私は経験したことがない。なぜ、これほど人々は感動したのだろうか。

愛する人への思いと、人間にとって「生」と「死」が持つ重さ――私はそれを必死に伝えようとする製作者たちの思いが観る者の魂を揺さぶったのではないか、と思う。

遺体に語りかけて失われた命の尊厳を守ろうとする心、愛する者を亡くした人の哀しみを思いやる温かさ、日本人が持つ死生観……これらすべてが画面から直接、観る者の心の中に飛び込んできたのではないか、と思う。

1万9000人余の犠牲者を出した未曾有の惨事。1万9000人余の犠牲者には、その数だけの喜びと哀しみ、そして人生の物語があった。それを凝縮させて描かれた映画に人々は魂を揺さぶられたのである。

ジャーナリズムの人間、映像の人間、それぞれがそれぞれの立場で後世にあの悲劇の真実を伝えようとしている。映画を観ながら、私も自分の作品を是非、先輩である栢野さんに撮って欲しいと思った。それは、いつか実現して欲しい、後輩としての私の「夢」である。

カテゴリ: 地震, 映画

「少年は残酷な弓を射る」は何を投げかけているか

2012.07.09

昨日は日曜だったが取材が入り、銀座まで行った。相手の都合次第で土・日もない仕事なので、いつものことだ。しかし、お陰で昨日は取材が終わったあと、日比谷で映画を1本、観ることができた。

東宝シネマズ(日比谷シャンテ)で上映されている「少年は残酷な弓を射る」である。私は、神戸の酒鬼薔薇事件や光市母子殺害事件の記事や本を取材、執筆していることもあり、少年犯罪には特に関心を持っている。是非、観てみたい映画だった。

実は、この映画を観たかった理由がほかにもある。映画の原作となった同名の著作が、イースト・プレスから出版されているが、この編集を担当したのが、私の新潮社時代の後輩の女性なのだ。

大変優秀な編集者だったが、その彼女から久しぶりに連絡が来て、本と、この映画のことを教えてもらった。なかなか映画を観る時間がない私だが、ちょうど取材が終わった時と、映画のスタート時間がマッチして、観る幸運に恵まれた。

原作本もそうだが、映画も非常にリアルで「重い」ものだった。あたりまえのことだが、人間の心理描写を映像で表わすのは難かしい。

文字の方が表現しやすいものと、あるいは映像が表現しやすいものと、両方ある。しかし、これは映像化が大変困難なものだったと思う。それだけに監督の技量と俳優たちの演技力が試されるものだったと言える。

学校での大量殺人をおこなう犯人の少年の母親を演じたティルダ・スウィントンの鬼気迫る演技に、映画館の中は、凍りついたような不思議な空間になっていた。

通常、母親は、わが子を“分身”のように思うものだが、時にわが子に愛情を抱けない母親も存在する。必然的に、子供は母親に馴染もうとしない。

ティルダ・スウィントンは、子供が自分に馴染まず、だんだん異常行動をとるようになるわが子に恐怖し、苦悩していく姿を、実にシリアスに演じていた。

少年犯罪を分析する時、いろいろな面で母親のあり方がかかわっていることの多さに驚かされることがある。

お腹の中にいる時から母親の愛情に欠乏し、そのまま生まれ、そしてそれ以後も愛情を確認できないまま育った子供たち。そういうなかに、時に信じられないような犯罪を起こすものが出てくることが、これまでも指摘されてきた。母親からの愛情を求める少年の姿は痛々しく、その姿は哀れでもある。

それと共に、私は、他人の痛みをまったく理解できず、生きるものに憐憫の情を抱くということのない、いわば「冷情性精神病質」の若者が増えている現状を思い浮かべながら、この映画を観た。

やはり、そういう若者が増えている背景には、母の胎内にいる「時」がないがしろにされていることが関係しているのだろうか。そんなことをリアルに考えさせる力を持った映画である。

どこまでも答えのない「少年犯罪」の恐怖――世の女性、いや男性も、すべての人間に「他人事」だと思わせない迫力に満ちた意欲作だった。

カテゴリ: 映画

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ